音楽室ピックヨウル

雑司が谷のバイオリン教室/大和市のこどもバイオリン教室

講師プロフィール

小杉美也子 こすぎみやこ
東京都出身。4歳よりバイオリンを始める。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。
ヴァイオリンを佐々木茂生、グレゴリー・フェイギンの両氏に、重奏・伴奏法をアリサ・ヴァイツネル氏に、スイス国立チューリッヒ芸術大学マスタークラスにて、ルドルフ・ケールマン氏に師事。学生時代よりバイオリン講師を始める。

卒業後、演奏家として活動。演奏会、ライブでのサポート演奏、電子音楽とのユニット等の活動を行う。

演奏活動と平行して演劇公演の演出助手や制作を経験。

2008年より日本舞踊(市川流)を始める。紫扇会公演に参加。

2011年、病気療養のため演奏活動を休止。

2015年、音楽室ピックヨウル開設。

2016年、演奏活動再開。

現在、北インド古典音楽(インドスタイルのバイオリン、タブラ)をプレーマダーサ・ヘーゴダ氏のもとで修行中。

 

さまざまな音楽の中でのバイオリン演奏の身体性について考えながら、「バイオリン音楽」の可能性を探る。

西洋スタイル、またはあぐらで演奏するインドスタイルの双方でバイオリン奏者として、各種演奏会、ライブ、レコーディングにて活動中。

 

★演奏、弦楽合奏指導等、バイオリンに関するお仕事のご依頼を

hikkomiya♪gmail.com(♪を@に変えてください)

にて受け付けております。